悠琉、キミはこれから魔法使いになるんだ。

悠琉、キミが生まれてきてちょうど100日。

いつもパパとママを幸せな気持ちにさせてくれてありがとう。

たまに寝不足になるけど、、、。

 
パパはよく本を読むんだけど、最近もおもしろい本を読んだよ。


「オレの考えていたことや感じていたことに間違いはなかったんだ」

という共感と納得させてくれて、さらに

「これからはこういうことをしていかないといけないよな」

と考えさせてくれる、こういう素晴らしい本にはなかなか出会えない。
 

 
これから悠琉はどんな時代を生きていくんだろう?

そう思うとめちゃくちゃワクワクもするけど、少し不安でもあるね。

 
でもこの、本を読んであらためて思ったんだよ。

勉強しろとか、良い学校に入れとか、良い会社に入れとか、言うような親になったらアカンなと。

 
かといって、

「オマエの生きたいように生きろ」 
「好きなことをして生きていけ」

って言うのも無責任だなと。

 
そうじゃなくて。

「パパが子どもの頃はこんな時代だった。で、そこからこんなことがあってこういう時代になった」

ということを悠琉に伝えて、

「悠琉が生きている今はこんな時代。で、これからこうなるかもしれない。だからこういうことをしておいた方が良い。悠琉はどう思う?」

っていうコミュニケーションを取りながら、いろんな選択肢やチャンスを悠琉にあげたいなと思ってる。

 
それが親の役割だと思ってる。

押し付けてはいけないし、ほったらかしすぎてもいけない。

一緒に未来を考えていく。

 
魔法をかけられる側の人間じゃなくて、魔法をかける側の人間になって、たくさんの人を幸せにできる人間になってくれたら嬉しいな。
 

関連記事