ハルログ|息子が書けるようになるまでパパが代理で書くブログ

HARULOGを新しいWordpressテーマ『SEAL』にリニューアルしました!

恋は自由だってこと

 
  2018/01/17
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
息子の悠琉(ハル)のために始めた親バカブログです。将来このブログを引き継いで自分のメディアとして使ってくれたら嬉しいなと思ってます。それまではパパが代理で書きます。というか、ひたすら悠琉に愛を語りかけます。
詳しいプロフィールはこちら

さぁ悠琉、今日もはりきっていこー。

そういえばこの間ヨドバシカメラに冷蔵庫を買いにいった時、店員さんに女の子と間違えられたね。

まぁ、男の子が女の子に間違えられるなら別に良いよね。

ママも、「もう!逆だったら帰ってますよ〜!」と、嬉しそうにザキヤマ風の店員さんに絡んでたし(笑)

 
赤ちゃんのうちはイケメンよりカワイイ方が良い。
 

スーパーに行くと、知らないおばちゃんとかおばぁちゃんに良く声かけてもらって嬉しいね。

パパも嬉しいよ。

パパは目つき悪いから、道聞かれることとかもほとんどないから羨ましいよ。

 
で、何で悠琉が女の子に間違えられるか分かったわ。
 

 
えーっとね、
 

 
たぶんね、
 


 
まつげ毛長い。

 
そして色が白い。

それで女子力強めなんじゃないかな。

一般的な赤ちゃんのまつ毛がどれくらいのもんなのか知らないけど、たぶんそう思う。

 
まぁ、もうちょっと大きくなったら、「カワイイ!」→「イケメン!」っておばちゃん達に言ってもらえるようになるよ。

カワイイままでいたかったらそれはそれで良いんだけどね。

女の子からも男の子からもモテたらいいさ。

 
ところで、悠琉がもう少し大きくなったらわかると思うけど、人は人のことを好きになるんだ。

パパがママのことを好きになったように悠琉も誰かを好きになると思う。
 

それはだいたい恋って言われることが多くて、好きな女の子のことを考えるとドキドキしたりするわけ。

楽しいよ〜(笑)

 
あ、でも好きになる子が女の子とは限らないかな。

恋は自由だから、男の子が男の子を好きになってもいいし、女の子が女の子を好きになってもいい。

いろんな人がいて、いろんな考え方があるから、男の子は男の子を好きになってはいけないとか、女の子は女の子を好きになってはいけないとかないのよ。

 
ただ、男の子は女の子を好きになることが多いし、女の子は男の子を好きになることが多いから、そうじゃない場合は「変わってる」とか「おかしい」って言う人もいるけど、その人は男の子同士で幸せになってることとか、女の子同士で幸せになってることとか知らないから、そういう人がいたら悠琉が教えてあげてくれ。

「恋は自由なんですよ」

って教えてあげてくれ。

 
恋も自由だし、友達になるのも自由。

でも、こっちが好きだからと言って相手も好きになってくれるとは限らないんだよ。

悠琉が誰を好きになるのもならないのも自由なように、相手も悠琉のことを好きになるのもならないのも自由なわけ。
 

だから、悠琉に好きな相手ができた時、相手は悠琉のことを好きになってくれなかったとしても、「何で好きになってくれないの?」とか思ったらアカンよ。

それは相手の自由を奪ってしまうことになるからね。
 

好きになった人が、相手も好きになってくれることを「両想い」っていうんだけど、それ自体が奇跡だからね。

そう上手くいかないのが当たり前。

だから恋は上手くいかなくてツライこともあるけど、両想いの人と出逢えて一緒に入れたら最高に幸せだし、ドキドキするし楽しい。

 
自分のことを好きじゃなかった人が好きになってくれるってこともあるから、「両想いじゃなかったら終わり!」ってことでもないし。
 

友達も同じ。

特に男同士は、めちゃくちゃケンカしても、ケンカが終わったらめちゃくちゃ仲良しになることはよくあるから。
 

ちょっと難しいよね(笑)

恋や友情に関してはまたゆっくりと話をしよう。

 
今日はチャイルドシートで爆睡してるところ、スーパーの買い物に付き合わせてゴメンやで。

でも、抱っこヒモでも変わらず爆睡してくれたおかげでスムーズに買い物ができたよ、サンキューでーす。
 

この記事を書いている人 - WRITER -
息子の悠琉(ハル)のために始めた親バカブログです。将来このブログを引き継いで自分のメディアとして使ってくれたら嬉しいなと思ってます。それまではパパが代理で書きます。というか、ひたすら悠琉に愛を語りかけます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Copyright© HARULOG , 2017 All Rights Reserved.