会いたいと思った時に大事な人はもういない

悠琉、パパは今日悲しいです。

なぜかというと、今日、チェスター・ベニントンが亡くったからだ。

彼はLinkin Park(リンキン・パーク)というバンドどのボーカルでね、パパは昔バンドやっててね、ロックが大好きだからよく聴いてたんだ。
 

彼はパパと2歳しか違わない。

若いよね。
 

ロックミュージシャンに関わらず、昔から天才は急逝する、早逝するって言われてるんだ。

才能の代償として短命になるとか、濃い人生だから寿命が短くなるとかね。
 

まぁ、天才じゃなくても人はいつか死んじゃうんだけどさ、それって誰にもわからない。

寿命で亡くなる人もいれば、病気にで亡くなる人、事故で亡くなる人、災害で亡くなる人、いろいろいる。
 

パパもママもあと50年くらい生きるかもしれないし、明日死んじゃうかもしれない。

死んだら会えなくなるし喋れなくなる。
 

あの世があるって言う人もいるけど、それは誰も見たことがないからわからないんだわ。

死なないとわからないからね(笑)
 

だから一緒にいれるうちはできるだけたくさん楽しい時間を過ごそう。
 

会えなくなってから、

「もっとこうしてあげたらよかった」
「もっとああしてもらいたかった」

って後悔しないように笑って楽しく過ごして、会いたい人には会いに行くんだ。

やりたいことだけをやって生きるんだ。
 

インターネットでもつながることはできるし、メールやLINEで会話することもできるけど、やっぱり会って目を見て話すのとは全然違うから。

SNSを見てると体験した気になるけど、聞くのとやるのとでは全く違うから。
 

パパは後悔しないように、今日も悠琉を抱っこして話しかけてお風呂に入れてるよ。

朝はシャワーだね。

だいぶ大きくなってきたから、手洗い場で流すのはそろそろ無理かな(笑)
 


 
笑ってくれてるけど何を感じ取ってるんだろ(笑)

 
明日は芦屋で花火大会があるよん。

散歩がてら見に行ってみようか。

関連記事